公開日: |最終更新日時:

外装塗装を行うタイミングは?

家を建てた後、外装塗装を行うタイミングを迷ってしまう型は多いのではないでしょうか。一般的には外装塗装のサイクルは約10年とされていますが、壁の種類と塗料の種類で変わってきます。また、注意点として日本でよく使われている窯業系サイディングは防水性がないため、塗装が必要です。

外壁塗装をすべきサイン

外装塗装を行うべきタイミングは、家の壁の状態を見ることである程度わかります。ここでは、注意しておきたいポイントについてご紹介します。

色褪せ

家を建てたときよりも外壁が色褪せてしまっている場合には、塗り替えを検討するタイミングです。この色褪せが起きている状態は、塗膜の劣化が起き始めている状態でもあるためです。焦って塗り替えを行わなければいけないほどではありませんが、そろそろ塗替えのタイミングだと考えておきましょう。
建築当時の写真と比較することで、色褪せが起きているかどうかの判断がつけやすいです。

チョーキング

チョーキングとは、日光や紫外線、雨風などの影響を受けることで塗装の表面が劣化して起きるものです。チョーキングが起きているかどうかを判断するには、外壁を触ったときに白い粉がつくかどうか。
もし、チョーキングが起きている状態を放置すると、外壁のヒビ割れなどが起きてしまう可能性がありますので、早めに対応しておきましょう。

塗膜の膨れ/剥離

家の外装の塗膜を見たときに、膨れている部分があったり、剥がれてしまっている部分がある場合には要注意。これは、外壁塗膜が劣化している状態です。
この膨れや剥離した状態を放置すると、その部分から雨水が侵入してしまい外壁のひび割れを起こしてしまう可能性もありますので、外壁塗装を検討することが必要です。

ひび割れ(クラック)

外壁がひび割れてしまっている状態をクラックと呼んでいます。クラックには種類があり、幅が0.3mm以下の場合は「ヘアークラック」、0.5mmを超えるものを「構造クラック」となります。特に構造クラックが起きている場合にはできるだけ早めの補修が必要です。
もしこの状態を放置すると、雨水の侵入経路となってしまいます。カビが発生したり、住まいの強度が低下する可能性もあります。

シーリングの劣化

窓のサッシ周りや、サイディングボードの継ぎ目などのシーリングに亀裂が起きていることがあります。これはシーリン部材の劣化によるものです。
この状態を放置すると、雨水の侵入が起きてしまい外壁の劣化につながる可能性がありますので、シーリング材の増し打ちや打ち換えを行う必要があります。

汚れ(カビやコケなど)

外壁にカビやコケなどの汚れがついてしまい、気になるという場合もあるでしょう。カビやコケが付いてしまった場合は、まずは洗浄を行って、そのほかに問題が起きていないかを確認します。その上で塗膜の剥がれやクラックなどの症状が見られる場合には、外壁塗装を検討してください。
また、カビやコケが生えたままにしておくと外壁の寿命が短くなりますので、早めに洗浄を行いましょう。

外壁塗装のタイミングは塗料の種類で把握

また、どのような塗料を使用しているかによっても、外壁塗装のタイミングが変わってきます。ここでは、それぞれの塗料における特徴と耐用年数についてご紹介します。

アクリル樹脂系塗料

耐用年数は「約5~8年」。新築時の外装塗装に使われるケースが多い塗料ですが、耐久性が短いためにリフォームでは使用しない、としている会社もあります。

ウレタン樹脂系塗料

耐用年数は「約8~10年」。柔軟性を持ち、密度が高い点が特徴の塗料です。ツヤあり・ツヤなしがありますが、ツヤありのタイプは光沢が美しく、高級感のある仕上がりになります。場所を選ばないため幅広く利用できるため人気の塗料です。

シリコン樹脂系塗料

耐用年数は「約10~12年」。アクリル塗料やウレタン塗料よりも耐久性が高い点が特徴です。また、透湿性があり、塗膜の剥がれや結露を防ぐことができる塗料です。コストパフォーマンスが良く、多くの現場で使われている塗料です。

ラジカル制御系塗料

耐用年数は「約12~15年」。2015年に発売された、比較的新しい塗料。アクリル樹脂系塗料やシリコン樹脂系塗料など、従来使われてきた塗料をベースとしており、劣化しにくく耐候性の高い塗膜を形成できます。

フッ素樹脂系塗料

耐用年数は「約15~20年」。フッ素樹脂を使用して作られている塗料で、寿命の長い塗膜を作れます。耐久性や耐候性、耐熱性などに優れていますが、高価であることから屋根のみフッ素塗料で塗装する、といった方法が取られます。