公開日:|最終更新日時:

和歌山市内の主な外壁塗装業者

外壁塗装を業務として取り扱っている、和歌山市内の主な塗装店をピックアップしました。
また、外壁塗装につきものの「詐欺に遭わないための心構え」もまとめています。

外壁塗装をかたる詐欺に
遭わないための注意事項

ほとんどの外壁塗装業者は善良で、依頼者のために技術と心を尽くしてくれるもの。
しかし中にはそこに付け込み、詐欺のような手口で高額な工事費をだまし取る・ずさんな手抜き工事を行うといった悪質な業者がわずかに存在するのも、残念ながら事実です。

お客様は大体初めて外壁塗装を依頼するもの。
相場観など知らないはずで、さらに下地工事や塗料の中身といった業者の専門分野で手抜き工事されてもほとんどの場合はわからず、時間が経ってから劣化していっても泣き寝入りするしかありません。
また、外壁塗装業界に工事の明確な料金相場がないことや、詐欺をする業者側からすれば外壁のはがれ・ヒビ割れなどの劣化は外から見てわかるので営業しやすいことなどから、詐欺がなくならないといわれています。

外壁塗装イメージ

外壁塗装で詐欺に遭わないための対策

次のような営業をしてくる業者には、まず注意しましょう。

高額すぎる契約を迫る

外壁塗装の相場は、30坪前後のお家の外壁で60~90万円程度といわれています。
それをはるかに超える金額を提示した来た場合、詐欺の可能性が高いですね。

不安をあおる

家の倒壊・崩壊を持ち出し、「こんなに危ない状況ですよ!」と騒ぎ立てて不安をあおるパターンもあります。

実際に家が危うい状態である、という場面が全くないわけではありません。
しかし昭和56年以降に日本で建てられた家には新耐震基準を満たしており、外壁塗装を考え始めるタイミングである10~20年では、ほとんどの家はそこまで劣化しません。

そのため、「このままでは家がボロボロになって大変なことになる」などと言って不安をあおってくる業者は「怪しい」と考えてよいでしょう。
もしも不安が消えないようなら、その業者と契約する前に、他の業者にも点検してもらう等のダブルチェックをしてください。

契約を急がせる

「今、工事しないとダメ」「この金額は今だけの提示。次回からは値上がりします」などとまくし立て、相手が冷静に判断する時間を設けず契約させる、詐欺のよくある手口です。
勢いに押されず必ず一度持ち帰り、家族の意見も聞きましょう

最終的には信頼できる業者を
自分で見つけることが重要

そのほか、作業の工程で塗料を薄めたり、下地工事で手を抜いたりする悪質業者もないわけではありません。

相談時にできるだけ業者とコミュニケーションを取り、作業中もすべてお任せするのではなく時折見学するなどして、疑問点などあればその場で確認しましょう。
そうしてご自身が「信頼できる業者さん」を見つけられたら、今後の対応もそこに依頼できるので安心ですね。